「さよならメリークリスマス」

嵐さんのニューアルバム『Japonism』が発売されましたねと。そして二宮さんのソロ『Music』が入っているということはラジオのオープニングはもうこの曲ではなくなるのでしょうか?私は『メリークリスマス』がとても大好きで、えぇ…ラジオで流れなくなってしまうのは残念ですと。でも今回のソロ曲もとても素敵なので、これからは『Music』とともに二宮さんのラジオを楽しみにしていきたいと思いますだって。

アルバムが発売された。今週から…ソロ曲の『Music』になるんじゃないか。なるほど。しますか?じゃあ今週からしますか?あぁもうなってないんすね?あぁもうそっかぁ…。でもねっ、そうそうですよね?まぁだから…できたらさもう変えるっていう方向性でいいですよね?クリスマス?う~ん…。いやぁでもクリスマス…は忙しいよ?でも。俺もコンサートやってるし。だいじょおぶ?終わってからにする?終わってからもうだって正月になるよ?じゃあお正月からにする?1月から。ねっ?年末やっぱ忙しいからみんな。明けてからにしようか。だってアルバムも出たからね!そうなんですよ。少しずつ変えていこうということですね。

~♪Music

21日に!発売されました。『Japonism』。ねっ。発売したんすねぇ~。したらもうツアーが始まって…年越して。2016年ですね。じゃあ良いお年を。あっそうなんすよね?良いお年を言うとまだなんすよね?これが難しい。非情に。ふへへへへっ。非情に難しい。まぁでもそうねっ。まずはアルバム全部聞いていただきたいですよねっ。

【どうか穏便に】

私が申し訳ないなと思うことは、プレゼントを人前で開けられないことですと。私はリアクションが薄いとよく言われるので、それは自分でも十分自覚していて本当に嬉しい時でもそこまで表に出すことができません。なので、友達がお誕生日プレゼントなどをくれた時にも喜んでないんじゃないかと思われるのが嫌で開けることができませんと。目の前で、開ける…開けないもの…も、それはそれで失礼なのかなと思うと、申し訳ないです。ごめんなさいだって。

僕ねほとんどリアクションしないんですよ。基本的には。誕生日プレゼントとかもらっても。もうなんかそこで一瞬自分が主役になるのがすごく嫌なんですよみんなが見てるっていう空気が。だからすごくおっきい声で「ありがとうございます」って言う。開けた瞬間に。「あざまぁーーっす!」…言う。言うねぇ。すごくおっきい声で言う。そんなに喜んでないんじゃないかってこう思…ってるでしょ?この人も。うん…。それに近いかなぁ。いや嬉しいんすよ?覚えてくれてるだけで十分なんすけど。でもほらやっぱ覚えてるだけじゃさぁ、向こう側がちょっとまた違うじゃない。祝う側は。やっぱこう形にして、いわっ祝いましたよっていう…痕跡が欲しいじゃん。別にそういうつもりでやってるわけではないけど。誕生日だから…まぁ誕生日だからなんかやってあげようよっていう…思いだと思うんだけど。でもこっちはうまくリアクションとれないからもう。開けた瞬間。「あざまぁーーっす!」って。なん…なんだか分かんないけど。全部。あけるあけるあける。開けて。うん。そうそうそう。


私は今実家暮らしなので、家族と共に暮らしていますと。ですが、物心ついた頃から一人が好きな私は、何をするにもどこへ行くにもいつも一人を好みます。学校とバイトであまり休みがない中、たまの休みでも、一人で映画を観に行ったりご飯を食べに行ったり犬を連れて公園でぼーっとしたりとにかく人をさけ…人といることを避けるように過ごしていますと。仕事をするようになってからもっと時間がなくなるだろうから家族といられる今が大事だと思うのですが、家族孝行できない娘で家族のみなさんごめんなさいだって。

でもまぁ分かってたらね?うん。分かってたら多分そういう日がきますよ。おそらく。へぇ~~。でもまぁ…一人でいたいんだったらしょうがないよねぇ。一人で…えやぁ~みんな…誰かといると疲れちゃう…わけでしょ?まぁ休みだからな。何するにも自分の自由だとは思うけど。だって俺だって仕事がないと喋んない。人と会わないから。出前のおにいちゃんぐらいだよ。喋るの。


先日大学で、友人とゼミの課題をやっていた時のことです。私は課題で…課題が苦手でつい「なんで4年になってこんな基礎的な課題をやらなきゃいけないんだろう」と言いました。すると友達はニヤニヤし始めました。なんでか分からずそのまま授業の愚痴を言っていると、友人が私の後ろを指しました。えぇ~後ろを振り向くとそこにゼミの先生が近くで資料をコピーしていたのです。私は速攻大声で「先生ごめんなさい」とテーブルに頭をつけて謝りました。優しい先生だったので「全然聞いてなかったよ」と言ってくださいましたが、それが優しすぎて余計に申し訳ない気持ちでいっぱいでした。この罪を背負ってこれから卒業するまでにゼミの授業に出ないといけないんだと思いましたと。先生本当にごめんなさいだって。

「全然聞いてなかったよ」って言う時点で聞いてますよね。もう。事柄はすべて…筒抜けですよね。でもねぇ分かる基礎的なことに…でもやんなきゃいけないんだよ。んねぇ~!ほんっとに。でもねやっ…これは社会に出てこう…やっぱりこう…必要なことになってくるん…だと思うんですよね。基礎的なことを…やる…っていうのは。まぁおそらく。私はその…特殊な社会に出てしまったから分からないけど。でも…やっぱりこう…基礎的なことに何時間もかけてるやつってほんとに…イライラしますもんね。うん。いやっ…いつまでやってん…だよ…っていう…だからそういうところで学生時代とかでこう…わけも分からず…基礎…的な課題をやっているっていう行為が、社会にうまく置き換えられると多分。うまくねぇこう。そんなとこにいつまでも時間かけててもしょうがないって自分が分かりだすとさ、その効率を今度学ぼうとしてこう…いくわけじゃない?そういうことなんだろうなぁって思うんだよねぇ。こういう…学校での授業って。うん。日本史なんて役に立つことなんて全くないでしょ?ある…あった?だって今まで。いや我々はさ…我々はね?特殊なことやってるからさ。そりゃたまにあるんですよ。クイズ番組とかでもあるじゃん。7代目が誰かとかさ。そんなのってあるかなぁ。お札の顔が分かんないの?まじ?あっふふふ…うそぉ。あぁ~っそう。あんま…もう…新渡戸稲造とかもう俺ん中ではもう5千円札の人でしかないけどね。何をやってる人かなんて全然分かんないもん。でも新渡戸稲造が会話に出てくることなんてないじゃん。そこなんだよでもそういうことじゃないんだよ。社会に置き換えたら絶対何かあったはずなんだよね。あのぉ…学ぶっていう…歴史を学ぶっていうあの行為が、社会に何か置き換えたら何かが…なん…どっかにあったはずなんだよ使えたものが。そうそうそう組織とかの中で何か…あれは難しいなぁ。難しいよなぁ。学んでないからもうすでに置き換えらんないんだけど。ぜったいあったんだよ。


【裏嵐】

新しいアルバム『Japonism』を早速聞いてみました。すると2曲目の『心の空』で布袋さんという素晴らしいアーティストさんとコラボしてるだけでなく、3曲目の『君への想い』というね、曲でも、知生さんが参加してくださってとっても和な感じでJaponismな、そしてなんと豪華なアルバムなんだろうと思いましたと。そして私はもうすぐ大切な試験があります。試験が終わるまで心の空のMVとメイキングを見ないと決めました。見たくてうずうずしているのでなんとしても試験に合格してやろうと思います。とても楽しみですだって。

試験ねぇ~。おぉまぁまぁまぁ時期だねぇ。時期もんですよほんとうに。そっかぁ…。見ないと決めたんですって。まぁ頑張れますよね。でも仮にね?受かって見たらすげぇ好きになると思いますけど、落ちて見たらすげぇ嫌いになりますよね。この…MVもろとも。あっは…。ねっ。すっっごい嫌いになりますよね(笑)。うかっ…合格して、したら…すごい…自分の好きな曲になるだろうねぇ。ぇっへへへ。


アルバム『Japonism』買いました。テスト期間中だけどそんなのお構いなく早速聞いていますと。今回のニノのソロは翔くんも言うように本当に可愛い曲調で、歌詞もギターのコードが入っていたり少しゲームチックな音も入っていてニノのイメージにぴったりな曲だと思います。今年のライブは外れてしまい、生で聞くことはできないので是非ラジオでいっぱいかけてください。今年も残り2ヶ月嵐さんがツアーをしている間私は受験勉強と向き合いたいと思いますだって。

(パチパチパチ)向き合ったほうがいいよ。嵐のライブはさぁ…受験勉強と向き合ったほうが…いいよっ。ほんとに。またやるかもしんないし。嵐のライブは。受験はねぇ。そんなこないよ。もうそこを天秤にかけちゃうんだったらもう絶対受験勉強をおじさんは押すね。みんながやっぱ幸せになりますよ。たとえ!ふへへやめて、いやでもね、よくあるじゃない、受験生はナイーブだから…ねっ?いわゆるそういった言葉を使わない…ねっ?でほしいみたいな。あるよね。でもねぇ、俺はねぇ、そういうところで…もう存分に…そうしたほうがいいと思ってるタイプの人間だから。分かる?受験があるんだからそんな言葉使わないでよとかあるでしょ?よくね?まぁだから…「すべる」「落ちる」まぁなんか…「躓く」とか。ね?「こける」とかさ。そういうのあるじゃない。そういう言葉はもう前段階でもう死ぬほど使ったほうがいいと俺は思ってんの。受験ですべるよりは。そこまでにとっといた方がぁ、俺はちょっと怖くてしょうがないと思ってるの。どうでもいいとこですべってぇ、どうでもいいとこで落ちてぇ、どうでもいいとこで躓いてたほうがぁ、ちゃんとこの大本番の時に起きない…それを…もう…予防…しちゃうことが…ちょっと…え?どっちが…え?どっちがやだ?っははは…軽いなぁ価値観。すぐ変わるじゃない。うふふふ。いやっ、もう予防予防しておいて…ねっ?その本番での…本番で起こり得るパーセンテージを、残してることになるわけじゃない。それだったらもう先に済ましちゃったほうが。散々ね?散々もうそういうところで吐き出してもらったほうがさ、本番もさ、本番の時にこう…あんまり緊張しないっていうかそんなことも気にならない…ような…感じにならないかなぁ!?ねぇ?どうでもいい時にすべったほうがいいでしょ?なんでそんな話してんの?あっ、向き合うって話ね。そうそう。


『Japonism』聞かせていただきました。私は毎回二宮さんのソロ曲を楽しみで必ず二宮さんのソロ曲から聞くので今回もの二宮さんのソロ…『Music』から聞かせていただきました。今回は二宮さんの作詞ではないということでどんな感じになるんだろうと楽しみに聞いてると今までのソロとは雰囲気が違い、新鮮でした。大好きでずっと聞いていますと。二宮さんは初めて聞いたときどんな印象でしたかよかったら教えてくださいだって。

すごいなぁ。すごくないですかぁ?18歳だよ?「今回も二宮さんのソロ『Music』から聞かせていただきました」って。俺が送ったわけでもないのに。自分で買った…買ってくれたわけでしょ?買っていただいたのに、「聞かせていただきました」っていう…このオモテナシね。うん。私に対するオモテナシ。18歳だよ?なかなかできるもんじゃないよ。ねっ。ま今回は、大前提のテーマとして外から見た…日本。Japonism。なうおんせーる。なわけですよ。ねっ?テーマが。なうおんせーるは気にしないで(笑)?うん。そこまでテーマじゃないから別に。こう…だからこそこう…布袋さんにも曲を書いていただいたりとか。日本に在住しながら世界的に活躍する人もいるけど、もう…ロンドンに、もう居住をかまえて、自分の城を作ったうえで、そこから日本を配信してる…のってまたちょっと違う…見え方がするんじゃないか…なんか…間違った日本のイメージを正す人もいれば、そこを…もっと誇張して、そこに…その国にあった日本を表現する人も…いるだろうし。やっぱり外に出てる人じゃないと、外から見てる日本っていうものは見えないんじゃないかっていうところがスタートなわけですよ。そうなってくるとまぁ同じ原理でソロ曲…もぉ、まぁ人に作ってもらう…作ってもらえるんだったらね?外から見てる二宮さんっていうもののほうが…今回のテーマ性としては正しいのかな…っていうのがあって、だからそのギターのコードが入ってたりとか、ゲームっぽい音楽が入ってたりとかっていうのはまさにそういうことなのかなぁ。やっぱこう外から見られてるニノさん…っていう…もののほうが今回のアルバムのテーマには沿ってるだろうなってことで私はもう一切ノータッチです。そうなんす。はいっみたいな。だからすごく早かったです。アルバム…自分が曲を…1曲だけどね?たかがね?だからされどだと思ったね。こんなにお酒飲めるんだと思った。曲も詩も書いてないと。へぇ~って。こんなにテレビ見れる…んだなぁって思ったよ。なんかもうこう…わくわくしながら待ってましたよ私だって。だからそこに関しての…ねぇっ!カロリー使ってないんだから。いっぱいのんじゃったよ。あっは…。



まだまだみなさんからのメールお待ちしておりますっ!bayfmのホームページからbay stormを選んでそれぞれのコーナーまで送ってきてくださいっ。はいっ簡潔。はぁ~すばらしい(パチパチパチパチ)。革命だね。うん。やっぱりこう…いかに堕落をするかっていうことでやっぱ人々はこう物事を…考えていくんだろうね。発明もそうだと思う私は。wwwから打ち込んでる人間がどれだけいたかっていうことですよ。あっふ…。考えてみたら。10…年ぐらいですか?我々14年目?確かに14年前にはもしかしたらいたかもしれないwwwから…http://からやってた人がいたかもしれない。けどやっぱりこう…時代だねぇ。そう考えるとやり続けてもよかっ…いやっ…いやもう…もう検索しちゃう。「bay storm」で検索しちゃう。はっ…っくっくっくっく…。




********************************************



「さよならメリークリスマス」という今回のひとことに思わず涙が…(笑)
メリークリスマス大好きなんです。なんならもう一生べいすとのテーマ曲はメリクリでもいいんじゃないかって…まぁそういうわけにもいかないので。Musicめちゃくちゃ可愛いですからね!楽しみですよ!

なんか今回、二宮さん適当っていうかなんか…いや適当ではないんだけど突然意味わかんない話し出すのが多かったですよね?(笑)ちょっとついていけなくて2回目これ書きながら聴いててやっとあぁこういうことが言いたかったのかってなりました。

基礎の話とかね。まぁ要するに中身ではなくその学ぶ姿勢こそが大事なんだよということを彼は言いたいんだろう。きっと。


裏嵐は絶賛Japonismの話題で。受験勉強と向き合いますなんて子もいましたけど、私も今年は向き合わなければならないことがあり。しかもツアーも外れ。あぁそうだこれは向き合えということなんだ!と、おとなしくお留守番しながら一生懸命生きたいと思います…(笑)。
久々にソロで踊るにのちゃん見たかったけど…ぶるれいでばっちり目に焼き付けられる日を気長に待ちたいと思います。

Japonismですけど、とても好きな曲ばかりです。
特に好きなのが『三日月』。ソロも本当にみんな好きなんだけど一番好きなのは大野さんの『暁』。
今回のアルバム、大野さんの歌声が異様に麗しくて惚れ惚れしてしまいます。
二宮さんというと今回はなんだか色っぽいなぁと。歌い方が。インザルームなんか特に。
インザルームですけど、個人的にはトークで話していた「ルージュ」の方がタイトルしっくりくるんですけどね。自分の中ではあの曲「ルージュ」って言ってます(笑)。

今回かけてくれた曲が『君への想い』と『三日月』だなんて、さすがにのみやくん。わかってる。