yellow honey

二宮和也を追いかける日々。 言葉を文字に起こし、思考を解釈。

カテゴリ: 母と暮せば

映画の賞やらにあまり詳しくない私なんですけど、今回二宮さんが採られたこちら、アメリカのアカデミー賞よりも長い歴史を持つものらしくて、国内最高峰と言われているそうですね。ジャニーズ初が二宮さんだと。なんだかもう感動のあまりこれはお祝いしないと、と。だいぶ遅 ...

公開初日に観てきました。『母と暮せば』。1年、ずっと待ちに待っていたけど、こうしてようやく劇場で観ることができる喜びを噛み締めていました。これから何度か観に行く予定なので、ちゃんと想いをまとめて、理解してから感想は書こうかと思っていたんですけど、とりあえず ...

更新滞っておりまして申し訳ありませんお久しぶりです。そして先日ジャニーズについてだらだらと書いた記事についてコメントをくださった皆様、ありがとうございました。同じ意見だという方や、感想くださる方、とても嬉しかったです。きちんと読ませていただいております。 ...

監督からの二宮くんに関する評価がファンとしてとっても嬉しいなぁとしみじみした対談。【日本映画navi】「俳優さんというのは何かを表現しよう、やろうとするでしょう。でも、二宮くんという俳優は何かをやろうとする前に、どこに立とうかと自分の立ち位置を探る。それが出 ...

【+act.】まず感じたのが、どの雑誌でも二宮さんはボルトのお話出されてますけど、こないだBAILAで得た感想とは全然違う解釈だったなぁと思って。「自分が足を引っ張るっていうことが、もうできない現場なんですよね。足を引っ張れないんです。能力的に。何をしてもちゃんと ...

ついにやってきましたね!先日BAILAについては記事あげましたけど、映画雑誌ラッシュということで。まずは第一弾!購入してきました。これから発売のものもたくさんありますけどとりあえずはこのラインナップ(*'ω'*)わくわくゆっくりじっくり読み込みたいと思います。ブログ ...

お二人の対談です。読んでいてほんっっっとーに心がほっこりとしてきゅんとして。二人は恋人なんじゃないかって錯覚してしまうほど甘い空間が広がっています。二宮さんが、吉永さんのことを「とにかく可憐で、可愛らしいんです」と言っているのですが。吉永さんが嵐のコンサ ...

キネマ旬報で母と暮せばの短期集中連載が始まりましたね。読んでいるだけで胸にくる文章に映画がますます楽しみになります。【キネマ旬報10月下旬】『父と暮せば』の対になる作品として作られた今回の『母と暮せば』。『父と暮せば』は広島原爆で亡くなった父親が娘の元に現 ...

重要なキャスティングはすぐに決まった。息子・浩二役は?榎望プロデューサーによると「吉永さんに対してふさわしいスターで、昭和の雰囲気がある人。映画が重い題材なだけに、華があって、ユーモアのセンスを持っているということでキャスティングしていったら、自然に嵐の ...

吉永さんと山田監督の対談。二宮さんについてお話されている部分を抜粋して。吉永さん  山田監督**********************************今回ね、息子の役で二宮和也さんという本当に超人気あの…うんそうねぇ。グループのね?嵐の…あの、二宮さんが出てくださったんですけれ ...

このページのトップヘ