ある晩秋の夕暮れ。古い路線バスで小さな旅に出ることに。胸には変わらない一途な思いをいだきながら、歩むべき一途をひたすら進んでいく。アイドルに用意された道はない。地獄も超えて、ただ続ける先に、たまたま道があっただけだと思う ...